ステンドグラス用CAD・CAMのNC加工で機械化メリット
設備は、パソコン、専用CAD・CAM、NC工作機械

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

トップ >ガラス板加工>CAD・CAM開発>CAD・CAM

< 自社開発CAD・CAMのNC加工で、機械化メリット >
手作りに代わるNC加工は、下記の機械化メリットがある。
@ 強いえぐれや鋭角、複雑な曲線等の形でもOK。
A 手作り品質の限界に比べ、NC加工は高品質。
B 滑らか仕上げで機械部品並みの寸法精度で均一な品質。
C 量産も可能。等
そこで、私達は、この機械化メリットを享受する目的で、製造業を参考にしたNC加工法を開発した。
一般に、製造業は、CADで図面を描き、CAMでNCプログラムを生成し、NC加工で部品を製作し、組立てて製品を作る。
ステンドグラスも同じような工程にできれば、金属部品加工業でも製作できる、と考えた。
そこで、CADでデザイン図をトレースして型紙を作り、CAMでNCプログラムを生成し、NC加工でステンドグラス・ピースを製作し、 接着して製品を作るシステムを考えた。
この実現のためステンドグラス用CAD・CAMソフトウエアを自社開発し、独自の多品種少量生産システムも開発した。
この加工法から、新しい価値”加工面の美しさが見える”が生れ、接着によるステンドグラス加工品につながる と考えた。

 CAD・CAMによるステンドグラス加工システム 




[手作り制作]
に代わり、機械化メリットを享受する[多角形化NC加工法]による製作工程を示す。

1. デザインする。
2. デザイン図を入力し、型紙を作成するCAD工程。
   <区分けCAD>を使ったパソコン作業。
   デザインに適した区分けCADは数値入力は製品サイズ
   のみで作図作業はなく、マウスによるトレース処理です。
   簡単かつ短時間の操作で作れる。
3. ステンドグラスのNCプログラムを生成するCAM工程。
   <多角形化CAM>を使ったパソコン作業。
   ガラス等の機械加工に適したCAMです。最適な多角形
   状を決定し、その切断加工用及び所定形状に研削する
   NCプログラムを生成する。
4. 部品(ステンドグラス・ピース)のNC加工工程。
   NC工作機械で、ステンドグラス・ピースを加工する。
   NCプログラムの命令通りに加工し、所定形状の
   ステンドグラス・ピースを製作する。

5. ステンドグラスの組立工程。
   主に接着して組立てる。以降の製作工程は、手作りです。

(注)製品は、コンピュータ化・機械化の良さが反映され、
   品質向上に役立ちます。



< ちょと専門的なこと: 用語説明 >
CADとは、 Computer  Aided Design の略で、コンピュータを利用して設計を行うシステム
CAMとは、 Computer  Aided Manufacturingの略で、コンピュータを利用してCADで作成した形状データからNCプログラムを出力するシステム
 


     加工に必要なツール と 機械設備

 1 パソコン(Windows)

 2 本加工法専用のCAD・CAMソフトウエアシステム
   (多角形化NC加工法の特許権、
   ソフトウエアの著作権は、当社にあります)

   区分けCAD(特徴)で、形状を確定し、デザイン図・
   型紙・形状データを作成する。
   多角形化CAM(特徴)で、形状を多角形化しNCプ
   ログラムを作成する。

 3 NC工作機械(B軸インデックステーブル付)

   NCプログラムの指令により加工しガラスピース
   生産する。(金属部品加工業の工場設備が必要)

ステンドグラス加工品の製品づくり工程の特徴と差別化・利点  
接着ステンドグラス 図案

西洋文化が育んだステンドグラス板を素材とする主な商品は、
時代を超えた人気がありマーケットも存在し続けている。
ただ、商品の種類が広がらず、アンティークな商品ばかりが目に付く。
その原因の一つとして、加工技術が難しく素材を活かしきれない現実があった。
金属や木材のように既存技術で加工できれば、多様な用途が花拓いたに違いない。
私の開発したオンリーワン技術は、ここに小さな風穴を開けた、と自負している。
新しい価値『加工面の美しさが見える”が生れ、透明接着によるステンドグラス加工品』が誕生した。 半田付けに代わり接着する魅力は、鮮やか・輝き・彩り・加工面が映す多彩なシルエット・スッキリ感・クリア感にある。 さらに、量産による連続模様などなど・・・。

加工工程(オンリーワン技術)の概要は、
CADでデザイン図をトレースして型紙を作り、CAMでNCプログラムを生成し、NC加工でステンドグラス・ピースを製作し、 接着して製品を作るシステムです。
このためステンドグラス専用CAD・CAMソフトウエアを自社開発し、独自の多品種少量生産システムも開発した。
金属部品加工業のNC加工をモデルにした生産方法で、
@ガラスピースも金属部品も、同じ設備で生産できる手軽な多品種少量生産方法。
A手作りに代わり工業生産化で機械化メリットが生まれる。

接着ステンドグラス 花菖蒲
© haro-glass 無断転用はお断り致します。