企業倫理を大切にして誠実な経営を続けたい
志・経営理念、企業倫理・法令遵守、社会貢献

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

トップガラス板加工>誠実な経営

誠実な経営(コンプライアンス経営)

『コンプライアンスとは、本来「法令遵守」という意味で使用されている。
しかし、ただ単に「法令遵守」するだけでなく、社会の一員として法令以外にも遵守すべきことがあるはずです。
つまり、コンプライアンスとは、
 社会から期待されている「倫理的であること」の全てを意味している。
 即ち、コンプライアンスとは、「法令遵守」を包含した「企業倫理」です。』
 さらに、コンプライアンス経営の究極の目的を考えと、
それは、「誠実な経営を続けること」と、私達は理解している。

ハローグラスは、この企業倫理を大切にして、誠実な経営を続けたい。


  誠実な経営 (コンプライアンス経営)



経営理念を尊重する。経営理念へ。

ハローグラスは、誠実な経営を貫く理念として
「志」と「三方良しの三方幸せ」の「経営理念」を掲げている。

具体的には、
 


1. 志・経営理念を大切にする。
経営理念・志に基づいた経営方針(戦略)
ブランド化感動商品カテゴリー
を掲げて、チャレンジを続けたい。

2. 企業倫理や法令を遵守する。
法令遵守に基づき、
  個人情報保護法特定商取引による表記等を、
インターネットで公開し、遵守する。
さらに、企業倫理を遵守する。

3. 社会貢献する。
企業の社会的責任として、ハローグラスが「社会の一員」として  地域起しや交流を通して、地域に貢献したい。

 例えば、地域の仲間とコラボで、新商品開発したりして、
地域起こしに役立ちたい。

平成の初め真壁駅(廃駅)で咲いていた老桜。ここから”志”の最初の一歩が始まり、生涯現役を目指す一歩となった。この根っこは市川市で育んだものだったが、・・・。  
花もステンドグラスも、見ていると、癒され・感動する。☆★☆ネットショップ あおい☆★☆

きれい、美しい、と
感じることは、
五感の本能的なもので、
癒しや感動が生れ、
心地良く、
リフレッシュして
元気になる。
いわば、 心豊かになる
心の健康サプリメントです。


接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
スッキリ感、クリア感が魅力
で、

自社技術のステンドグラス
CAD・CAMと透明接着で
実現した限定商品です。

接着ステンドグラス 大賀蓮

花をテーマにした
図案や模様の接着ステンドグラス加工品の商品化にチャレンジする会社です。

例えば、身近な壁紙や洋服・着物を始めとし、POP、イラスト、ポスター、絵画等に観られるような洗練された モダンなデザインの図案・模様の商品化(ステンドグラス加工品)です。

こだわりは、滑らかな曲線、
加工面の美しさが見える スッキリ感・クリア感が魅力の商品を透明接着で実現する。

接着ステンドグラス 図案 ご訪問ありがとうございます。
© haro-glass 無断転用はお断り致します。