CAD・CAMによるガラスピースのNC加工
切断加工・輪郭加工・面取り加工・切り抜き加工

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

   ガラス板NC加工 

 

    多角形化NC加工法(特許)

ガラス板・石板・セラミック板等の硬脆性材料は、硬くてもろい材質のため 金属と同じ機械加工法では割れ易く難しい。
これを解決したのが本・多角形化NC加工法です。

本加工法は、第一工程で多角形化した線分をNC切断して多角形状化し、第二工程で未加工残部をNC研磨で、所定形状(自由形状)に加工する方法です。
特徴は、金属部品加工業の設備(汎用NC工作機械)と技術で、実現できる手軽な加工法です。
具体的に、本特許加工法専用のソフトウエア(ステンドグラス加工用CAD・CAMシステム)を自社開発し可能になった。
概要(上図)は、区分けCADと多角形化CAMで構成し、型紙・NCプログラムを出力する。(上図)

処理概要は、パソコン上の本加工法専用のCAD・CAMシステムを運用して、
  1 区分けCADで、形状を確定し、デザイン図・型紙・
      形状データ(DXF仕様)を作成する。
  2 多角形化CAMで、形状を多角形化しNCプログラ
    ムを作成する。(個々のガラスピース)

NC工作機械で、NCプログラムの指令により加工しガラスピースを製作する。
  具体的に、素板から自由形状のガラスピースを製作する。

  1 自由形状のガラスピース切断(輪郭)加工する
  2 自由形状切り抜き加工をする
  3 自由形状のガラスピース面取り加工をする
  4 その他(上記の金属加工)
           

ステンドグラス加工用CAD・CAMシステム

上図は、専用CAD・CAMシステム・プロセスチャート

用語説明:NC加工(エヌシーかこう、英語:numerical control machining)とは、数値制御(NC)による機械の加工方法である。
ドリルなどに代表される切削用工具の刃先の動作を座標値によって定義し、その情報をもとに工作機械に内蔵されたサーボモータが動くことによって工具や被加工物が動作し、加工が行われる。
一連の刃先の加工動作情報をNC装置へ入力する必要があるが、この情報を記述したものを、NC加工NCプログラムと呼ぶ。
JISではNCを「数値制御工作機械において、工作物に対する工具の位置を、それに対応する数値情報で指令する制御方式」と定義している。(ウキペディアより)

  自社開発のソフトウエア・システム
  (ステンドグラス加工用CAD・CAMシステム)

    区分けCAD(デザイン向きのCAD)
    多角形化CAM(ガラス板向きのCAM)
           

 
接着ステンドグラス 図案

接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
加工面が映すシルエット、
スッキリ感、クリア感が
魅力で、

自社特許を組込んだ
ステンドグラス専用
CAD・CAMと透明接着で
生産する限定商品です。

>

西洋文化が育んだステンドグラス板を素材とする主な商品は、
時代を超えた人気がありマーケットも存在し続けている。
ただ、商品の種類が広がらず、アンティークな商品ばかりが目に付く。
その原因の一つとして、加工技術が難しく素材を活かしきれない現実があった。
金属や木材のように既存技術で加工できれば、多様な用途が花拓いたに違いない。
私の開発したオンリーワン技術は、ここに小さな風穴を開けた、と自負している。
新しい価値『加工面の美しさが見える”が生れ、透明接着によるステンドグラス加工品』が誕生した。 半田付けに代わり接着する魅力は、鮮やか・輝き・彩り・加工面が映す多彩なシルエット・スッキリ感・クリア感にある。 さらに、量産による連続模様などなど・・・。

加工工程(オンリーワン技術)の概要は、
CADでデザイン図をトレースして型紙を作り、CAMでNCプログラムを生成し、NC加工でステンドグラス・ピースを製作し、 接着して製品を作るシステムです。
このためステンドグラス専用CAD・CAMソフトウエアを自社開発し、独自の多品種少量生産システムも開発した。
金属部品加工業のNC加工をモデルにした生産方法で、
@ガラスピースも金属部品も、同じ設備で生産できる手軽な多品種少量生産方法。
A手作りに代わり工業生産化で機械化メリットが生まれる。

接着ステンドグラス 花菖蒲
© haro-glass 無断転用はお断り致します。