CAD・CAM操作は半自動化で短時間・簡単操作
安くて速い型紙・NCプログラム作成

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

トップガラス板加工NC加工法>操作時間 見積り

操作時間見積もり例の接着ステンドグラス、例えば、大賀蓮

 操作時間 見積り 



上の画像”大賀蓮”のステンドグラスを例にパソコンの
         操作時間を見積る。

1. 区分けCADで、入力画像からデザイン図・型紙を作成


主な作業は、区分けトレース処理で、操作はラバーバンドを利用したトレース入力です。

完成した区分け図・デザイン図は、図形要素数207個・ピース数46個で構成されます。

   この区分けトレース処理に、およそ1.5時間かかる。

   画像取込・印刷・その他の処理に、およそ1時間かかる。

   ピース作成処理は自動化され殆ど処理時間は数秒です。

                           計2.5時間

2. 多角形化CAMでガラスピースのNCプログラムを作成

主な作業は、多角形化シュミレーション(半自動化)で、
46個のピースのシュミレーションに、およそ1.5時間かかる。

次に46本の切断加工用NCプログラムおよび
46本の研削加工用NCプログラムの作成処理(半自動化)に、およそ1時間>かかる。

さらに、カッターパス描画チェック(半自動化)、加工一覧表等の作成に、およそ1時間かかる。
                           計3.5時間

この例で、パソコン操作時間は、 全体で約6時間です。

           

<CAD・CAMの特徴>

1 CAD・CAMは、短時間・簡単操作です。

2 デザイン用の区分けCADです。

     数値入力は、製品サイズのみです。

3 ガラス等硬脆性材料板・専用の多角形化CAMです。

4 半自動化とは 設定値に従ったシステムからの最適な提案(描画表示)に対する確認作業であり、処理の迅速化が目的です。
例えば、円弧の多角形化の場合、現在の条件設定値等からシステムが最適な多角形化を提案(描画表示)する。これに対するYES(クリックする)またはNOの確認作業です。
NOの場合は、条件設定値の変更をします。

操作時間見積もり例の接着ステンドグラス、例えば、大賀蓮の型紙・デザイン図  
花もステンドグラスも、見ていると、癒され・感動する。感動商品カテゴリーとは

きれい、美しい、と
感じることは、
五感の本能的なもので、
癒しや感動が生れ、
心地良く、
リフレッシュして
元気になる。

いわば、 心豊かになる
心の健康サプリメントです。

接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
加工面が映すシルエット、
スッキリ感、クリア感が
魅力で、

自社特許を組込んだ
ステンドグラス専用
CAD・CAMと透明接着で
生産する限定商品です。

接着ステンドグラス 大賀蓮

加工工程(オンリーワン技術)の概要は、
CADでデザイン図をトレースして型紙を作り、CAMでNCプログラムを生成し、NC加工でステンドグラス・ピースを製作し、 接着して製品を作るシステムです。
このためステンドグラス専用CAD・CAMソフトウエアを自社開発し、独自の多品種少量生産システムも開発した。
金属部品加工業のNC加工をモデルにした生産方法で、
@ガラスピースも金属部品も、同じ設備で生産できる手軽な多品種少量生産方法。
A手作りに代わり工業生産化で機械化メリットが生まれる。

半田付けによる手作り品の魅力は、”加工面を覆う美しさ"にあるが、 半田付けが輪郭を区分ける美しさと同時に手作り品質の加工面の粗さを隠す役割も兼ねている。
これに比べ、接着で"加工面が見える美しさ"の当社は、 パソコンやNC機械を活用した工業生産化で、高品質のガラスピースの多品種少量生産になる。 この加工法で生まれた新しい価値で、
潜在ニーズを発掘する。
前者を"作家の手作りによる一品仕様の芸術品"志向とすると、当社は"嗜好品的な工芸品で多品種少量生産の限定品"志向と棲み分ける。

© haro-glass 無断転用はお断り致します。