硬脆性材料板のステンドグラス板・ガラス板・石板・セラミック板など
硬くて、脆く(もろく)、割れやすい難削材加工法

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

トップガラス板加工>硬脆性(コウゼイセイ)材料板

 硬脆性材料板は、延性材料である金属とは異なり、
 硬くて脆(もろ)いため割れやすい。
 そのため、機械加工が難しく、一般に難削材として
 扱われている。工具(刃具)の損傷も著しい。

 硬脆性材料板に属する物は、下記の通りです。
  1  ステンドグラス・ガラス板 
  2   石板
  3   セラミック板
  4   陶板
  5   フェライト板
  6   シリコン板
  7   チタン板
  8   その他

 難削材・硬脆性材料板(ステンドグラス板) 



< ガラス加工 の ちょっと専門的なこと >

ステンドグラス板の機械加工は苦手でも、比較的利用される機械加工が次の方法です。
 1 カッティングホイールによる切断加工(加工効率が良い)
 2 コアドリルによる孔あけ加工
 3 ホイールカッターによる研削加工

本加工法は、「苦手な研削加工量を最適(最小)にする」こと。
具体的には輪郭加工の研削代を最適(最小)にすること。
方法は、円弧を直線近似で多角形状化し、これを切断加工し、 多角形状で小さくなった研削代を所定形状に研削加工する。
これを、パソコンで誰でも簡単操作できるシステムにすれば。

こんな発想から創造されたのが本加工法

     多角形化NC加工法で、

高品質の流線形状・切断面の美しいステンドグラス・ピースの製作が可能になる。

本加工法は、機械部品加工業の既存設備とその利用技術を活用することで、 ガラスピースの生産が可能になります。
とりわけ、多品種少量生産に威力を発揮します。
その理由は、区分けCAD多角形化CAMにあります。
簡単操作・短時間入力で、NCプログラム作成費がコストダウンできるからです。

加工品質は、”高品質のこだわり

素材品質は、西洋文化が育んだ、ステンドグラス板(下記)
 

素材品質は、西洋文化が育んだ、こだわりステンドグラス用ガラス板


素材となるステンドグラス板

素材となるステンドグラス板は、西洋文化が育んだ高級品で、世界中に様々なメーカーが存在する。
例えば、ランバーツ(AL)、ウロボロス(UR)、ブルズアイ(BU)、スペクトラム(SP)、オセアナ(OC)、など。
当社は、単なる透明でなく、こだわりのある透明な
ステンドグラス板で、 例えば下記のメーカーを選んでいる。
ランバーツ(AL)、カタログから引用すると、 70年以上の歴史を持つ、今では少なくなったアンティークグラスの
ドイツ・メーカーで、その規模は世界最大級です。
その歴史は、均質で発色のよい最高品質の
アンティークグラスを製造し、5000色以上ある。
ウロボロス(UR)、カタログから引用すると、 アメリカのメーカーで、発色はブルズアイとともに非常にビビットなものが多く、
きっと魅了されることでしょう、とあり、
ブルズアイとも相性がいいようだ。。
ブルズアイ(BU)、(Bull's-eye(雄牛の目という意味))。 独特の透過性があり、「ぬくもり」を感じるようなぶつぶつがある。
通称「キャッツポー」(猫の足跡)。

 
接着ステンドグラス 図案

接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
加工面が映すシルエット、
スッキリ感、クリア感が
魅力で、

自社特許を組込んだ
ステンドグラス専用
CAD・CAMと透明接着で
生産する限定商品です。

現在の日本市場では、ちょっとだけ贅沢な商品も売れつつあるようです。 ただ、デフレ時の購買経験からか、値段に対する品質(素材、デザイン)にはユーザーの目は非常に肥えている。 まして、嗜好品的な商品においては、的確なマーケティング力とデザインが購買動向を一番左右してくる。
ただ、追い風になる要因として、素材感を活かしている商品に注目が集まっているというトレンドがでてきている。
アップル社のプロダクト(アルミ削出素材、ガラス素材)。能作(錫製鋳物)。中川政七商店(麻)等々。
ヨーロッパ由来のステンドグラスにもそんな素材力が秘められている。

そんな素材力を活かせるマーケットを探して、アンティークだけでないモダンなデザインを 訴求していくべきだろう。
(デザイナーから頂いた助言)

半田付けによる手作り品の魅力は、”加工面を覆う美しさ"にあるが、 半田付けが輪郭を区分ける美しさと同時に手作り品質の加工面の粗さを隠す役割も兼ねている。
これに比べ、接着で"加工面が見える美しさ"の当社は、 パソコンやNC機械を活用した工業生産化で、高品質のガラスピースの多品種少量生産になる。 この加工法で生まれた新しい価値で、
潜在ニーズを発掘する。
前者を"作家の手作りによる一品仕様の芸術品"志向とすると、当社は"嗜好品的な工芸品で多品種少量生産の限定品"志向と棲み分ける。

接着ステンドグラス 花菖蒲
© haro-glass 無断転用はお断り致します。