CAD・CAMによるステンドグラス加工システム
ガラス板のNC加工法の特許権で創業の強み作り

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

  こ れ ま で (創業の強み作り) 


昭和16年9月  誕生
   工業大学(機械工学科)を卒業後、ソフトウエア開発会社
   に転職、出向先でソフトウエア開発に従事する。
   中小企業診断士を登録し、システム開発に役立てる。
   (上の写真は、出向先・大手水産会社での仕事風景)

昭和52年 
   独立してソフトウエア開発会社を新宿区四谷に設立し、
   ソフトウエアの受託開発を行う。
   (下の写真は、創業したソフトウエアハウスの社内風景)

平成5年   群馬県伊勢崎市
   オンリーワンのオリジナルシステム「CAD・CAMによる
   ステンドグラス加工システム」の開発にとりかかる。
   以降、およそ10年間は、CAD・CAMのシステム開発、
   ソフトウエア開発
、ひいてはNC機械による試作等の
   テストを繰り返す。

平成17年
   「CAD・CAMによるステンドグラス加工システム」を
   まとめて、ガラスピースの加工法として、特許出願する。
   名称:「硬脆性材料板の数値制御(NC)加工法
   (平成20年9月 特許査定される。)

平成20年4月
   皆さんのご意見を頂きたくホームページを作成し、
   公開しました。多くの方からご意見を頂ければ、幸いで
   ガラス板等の自由形状の加工法を軸にしたビジネスや
   活動の場を広げて行きたい・・・。
創業の強み作り段階だった。

                      志のストーリーを参照する
   今後は、これからを参照。

ご存じですかポラロイドカメラ、それで撮った写真。東京・四谷で経営していたソフトウエアハウス内部、窓の下は新宿通り。ソフトウエア受託開発に明け暮れていた頃。

< ”人生すごろく”に、例えて振り返ると >

現在、上がり一歩手前:ECサイト”あおい”の開店準備中が
長〜い期間続いてますが、振り返ると。

20代: コンピュータ草分けの頃、憧れの職種で選んだプログラマー、SEの仕事。

30代: 独立してソフトウエアハウスを設立し経営し、ソフトウエアの受託開発業に明け暮れた頃。

40代: 自社開発のソフトウエア製品を夢みた頃。

50代: 個人に戻り『CAD・CAMによるステンドグラス加工システム』の自社開発に熱中した頃。

60代: 完成して特許を取得した頃。
(ここまでが、強み作り。これからは、商品作りと販売)

70代: オンリーワン技術の強みを生かしたオリジナルなステンドグラス加工品作りとネットショップ開店準備中。

 
花もステンドグラスも、見ていると、癒され・感動する。感動商品カテゴリーとは

きれい、美しい、と
感じることは、
五感の本能的なもので、
癒しや感動が生れ、
心地良く、
リフレッシュして
元気になる。

いわば、 心豊かになる
心の健康サプリメントです。

接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
加工面が映すシルエット、
スッキリ感、クリア感が
魅力で、

自社特許を組込んだ
ステンドグラス専用
CAD・CAMと透明接着で
生産する限定商品です。

接着ステンドグラス 大賀蓮

半田付けによる手作り品の魅力は、”加工面を覆う美しさ"にあるが、 半田付けが輪郭を区分ける美しさと同時に手作り品質の加工面の粗さを隠す役割も兼ねている。
これに比べ、接着で"加工面が見える美しさ"の当社は、 パソコンやNC機械を活用した工業生産化で、高品質のガラスピースの多品種少量生産になる。 この加工法で生まれた新しい価値で、
潜在ニーズを発掘する。
前者を"作家の手作りによる一品仕様の芸術品"志向とすると、当社は"嗜好品的な工芸品で多品種少量生産の限定品"志向と棲み分ける。

接着ステンドグラス 花菖蒲
© haro-glass 無断転用はお断り致します。