ステンドグラス・ピースのNC加工で花開く
美のおもてなしで、心健やかサービス

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

   こ れ か ら (商品づくり・ネット販売)




潜在ニーズ探しと商品づくり(新しい価値の創造)

成熟社会の今、"欲しいものがない"とか"心が満たされない"といいつつ"安いものを求める"傾向に陥ってきた。
いずれも"潜在ニーズ"を発掘し顕在化する作業を軽視してきたからだろう。
 仮に新しい価値を持つ商品で潜在需要を刺激すれば、"欲しいもの"、"心を満たすもの"と気付く顧客が現れるはずだ。
例えば、西洋文化が育んだステンドグラス板を素材とする商品は、魅力があり人気がありながらステンドグラスに留まった。
加工が難しく素材を活かし切れない現状があった。
仮に、和紙のように手軽に切れたら、素材を活かした多様な潜在ニーズが顕在化していたはずだ。
 私達は、ここに注目し問題解決の一方法として、ガラス板NC加工技術を開発し、実現した。(創業の強み作り
新規性は、ガラス板NC加工法の特許を組込んだ自社開発のCAD・CAM加工法。
差別化は、これにより花開いた、"ガラスピースの流線形状・加工面(切断面)の美しさ、及び一部ステンドグラス化によるスッキリ感・クリア感・シルエットの美しさ"が新しい価値になる。

 私達は、この新しい価値でニーズ探し・商品づくり・ネット販売のブルーオーシャン戦略でチャレンジする。
 私達の不安は、この差別化した市場規模が未知数なこと。
 しかし、私達の細やかな販売計画に比べ、より大きな潜在需要を秘める魅力ある市場であることも確かと推測する。
 むしろ、課題は市場規模の大小でなくミスマッチを避けるためのニーズ探しの具体化や販売方法にある、と考える。
 そこで、潜在ニーズを顕在化させる方法として、顧客とのコミュニケーションを通してニーズを明確にする、  顧客参加型の製造・販売システム であること。
 これ等のことを、インターネット・ショップで、試行錯誤しながら完成度を高めるビジネスプランであること。


           「ブランド化」を参照する  
ステンドグラス加工品のポジショニングマップ。縦軸は、価格で感動の大きさに比例する。横軸は、加工面を半田付けで被う美しさに対し、透明接着で加工面が見える美しさで差別化。     

< 事業ドメインと業界 >

業種は、直売型・ステンドグラス加工品メーカー。伝統的な半田付けのステンドグラス業界と、 ”加工面を半田で被う美しさ”と”接着で加工面が見える美しさ”の違いで差別化を図る。
事業内容は、顧客参加で企画したオリジナル商品を、オンリーワン技術で製作し、ネットショップで品揃え・展示販売する。
事業目的は、『心豊かなゆとりのある日常生活を願う顧客に、
流線形状・加工面(切断面)の美しいスッキリ感・クリア感にこだわった魅力のあるステンドグラス商品で、
癒しや感動を提供する”美のおもてなし”サービス
です。

< インターネットの活用法 >
私達は、単にネットショップで接着ステンドグラス商品を販売するだけでなく、インターネットそのものに心豊かな癒しや感動を求める使い方を目指している。
『花をテーマにステンドグラス・写真・ジグソーパズル』
ハローグラス・ワールドが目標になる。
どれもが好きで継続している実感の持てる『花をテーマにした仕事・趣味・遊び』で、既に花の写真5000枚、ジグソーパズル1000枚をハローグラスで、公開している。

 
花もステンドグラスも、見ていると、癒され・感動する。感動商品カテゴリーとは

きれい、美しい、と
感じることは、
五感の本能的なもので、
癒しや感動が生れ、
心地良く、
リフレッシュして
元気になる。

いわば、 心豊かになる
心の健康サプリメントです。

接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
加工面が映すシルエット、
スッキリ感、クリア感が
魅力で、

自社特許を組込んだ
ステンドグラス専用
CAD・CAMと透明接着で
生産する限定商品です。

接着ステンドグラス 大賀蓮

半田付けによる手作り品の魅力は、”加工面を覆う美しさ"にあるが、 半田付けが輪郭を区分ける美しさと同時に手作り品質の加工面の粗さを隠す役割も兼ねている。
これに比べ、接着で"加工面が見える美しさ"の当社は、 パソコンやNC機械を活用した工業生産化で、高品質のガラスピースの多品種少量生産になる。 この加工法で生まれた新しい価値で、
潜在ニーズを発掘する。
前者を"作家の手作りによる一品仕様の芸術品"志向とすると、当社は"嗜好品的な工芸品で多品種少量生産の限定品"志向と棲み分ける。

接着ステンドグラス 花菖蒲
© haro-glass 無断転用はお断り致します。