アクセサリーは、風変わりな小さなステンドグラス
ステンドグラスを装っている、という満足感

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

※互換モードで閲覧願います※

  アクセサリー (小さなステンドグラス) 


新陳代謝の激しい宝飾品(ジュエリーアクセサリー)業界は
飽和状態で、ユニークなデザインや素材の話題性等、
新鮮味のある商品で人気を得ることが売上に繋がる。

私達は、ステンドグラス板をNC加工し、
高品質のステンドグラスの魅力を活かした
アクセサリー(ファッション)
(ペンダント、ブローチ、ネックレス)を
製造販売することを考えた。
ステンドグラスの素材力を引き出した高品質の
モダンでありながら風変わりなアクセサリーです。
@ 大き目の宝石のようなステンドグラスの素材の魅力
A シンプルでスッキリ感・クリア感のする美しさ
B ステンドグラスを装っている、という満足感
C 数の少ないオリジナルな限定品
が魅力です。
それは、珍しくて話題性に富み、
その場の雰囲気を和らげるのに役立つ、
少し風変わりなキラキラ商品とも言えます。

< 手作りステンドグラス・アクセサリーの長所と短所 >

現在、ステンドグラス板を使用したアクセサリーの
ガラス加工の殆どは、手作業作品です。
その魅力は、アンティークなイメージのアクセサリーであり、
味のある商品として人気を得ている。

反面、シャープな印象や滑らかな加工面を希望する顧客の期待に応えられなかった。
さらに、大き目なサイズが欲しい、色違いが欲しい、
手触りの良いものが欲しい、
面白みのある個性的なものが欲しい、
等々の希望が読み取れた。

      

        

< 顧客像の特徴として >

既製品のアクセサリーには、精緻で優美なものが多いが、
デフォルメしたデザイン等でユーモアのある少し変わった個性的なものは少ない。
私達はここに注目し、少し風変わりなアクセサリーを考えた。

@プライベートの時間を、個性的なデザインのものを装い、
リラックスして楽しみたい。
A既成品のアクセサリーと組み合わせて装い、
コーディネートを楽しみたい。
BTPOで、時にはペンダント、時にはネックレス、時にはブローチとして、多様な装いを大胆に楽しみたい。
C手持ちのアクセサリーに一つ加えたくなるような
風変わりなアクセサリーを所有したい。

顧客ターゲットは、
20代〜40代の年収300万円〜600万円の働く女性。
彼女達は、働く女性の約30%を占め500万人いる。

商品の外観は、
厚さ3mm、3cm角〜10cm角内に収まる自由形状で、
サイズの大きさも特徴になる。

@ ガラスピース一個の単体商品、もしくは、数個を接着しないで、つないだ商品
A 数個のガラスピースを側面接着や積層接着した商品。
側面接着は、隣り合う加工面がピッタリ合うことが条件であり、 私達の作る高品質のガラスピースは、この条件に合致する。
この種の商品は、「小さなステンドグラス」の形態を持つ
新しいアクセサリーで、未だ市場に出回っていない。

デザインは、ハート、スペード、クラブ、ダイヤ、星型、十字架、リンゴ、桜、梅、楕円、富士山、まゆだま等を検討予定。


例えば、ハートとリンゴの組合せとか、
五輪マークの円を変形したハート型にするとか、
チュウリップの花にハートを組込むとか、ハートの組合せとか・・・。

 
花もステンドグラスも、見ていると、癒され・感動する。感動商品カテゴリーとは

きれい、美しい、と
感じることは、
五感の本能的なもので、
癒しや感動が生れ、
心地良く、
リフレッシュして
元気になる。

いわば、 心豊かになる
心の健康サプリメントです。

接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
加工面が映すシルエット、
スッキリ感、クリア感が
魅力で、

自社特許を組込んだ
ステンドグラス専用
CAD・CAMと透明接着で
生産する限定商品です。

現在の日本市場では、ちょっとだけ贅沢な商品も売れつつあるようです。 ただ、デフレ時の購買経験からか、値段に対する品質(素材、デザイン)にはユーザーの目は非常に肥えている。 まして、嗜好品的な商品においては、的確なマーケティング力とデザインが購買動向を一番左右してくる。
ただ、追い風になる要因として、素材感を活かしている商品に注目が集まっているというトレンドがでてきている。
アップル社のプロダクト(アルミ削出素材、ガラス素材)。能作(錫製鋳物)。中川政七商店(麻)等々。
ヨーロッパ由来のステンドグラスにもそんな素材力が秘められている。

そんな素材力を活かせるマーケットを探して、アンティークだけでないモダンなデザインを 訴求していくべきだろう。
(デザイナーから頂いた助言)

接着ステンドグラス けし

花をテーマにした
図案や模様の接着ステンドグラス加工品の商品化にチャレンジする会社です。
例えば、身近な壁紙や洋服・着物を始めとし、POP、イラスト、ポスター、絵画等に観られるような洗練された モダンなデザインの図案・模様の商品化(ステンドグラス加工品)です。

こだわりは、滑らかな曲線で、加工面の美しさが見える スッキリ感・クリア感のする商品(ステンドグラス加工品)を透明接着で創作することです。

© haro-glass 無断転用はお断り致します。