高品質こだわりのガラスピース金属部品加工業で
金属部品もガラスピースも同じNC工作機械で加工できる

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

トップガラス板加工NC加工法>多角形化NC 長所

特許 概要図(ガラス素板⇒直線状に切断⇒多角形状中間片⇒円弧研磨⇒ガラスピース)

 多角形化NC加工法 の 長所 




1  金属部品加工業の既存設備・技術力の活用

自動車部品等の金属部品加工業に於いて、当社と連携し弱みを補完すると、既存設備のNC工作機械および利用技術を そのまま活用して本加工法でガラスピースが生産できるため、初期投資が小さくても、経営の多角化・脱下請けが可能になる。
さらに商品企画力を重視したビジネスへの転換を目標にすることができる。(オリジナル商品・企画販売)
当社も同様な立場にあり、互いに弱みを補完した強みの連携で、共生の道が拓ける、と考えている。

2  オンりーワンのガラス加工技術の確立

自由形状(あらゆる形状)の輪郭(切断)加工を前提とした特許を組み込んだ加工法である。 これを実現するため専用の区分けCAD・多角形化CAMシステムを自社開発し、システム構築したことで、 当社独自のオンリーワン技術が確立した。
当初ステンドグラス加工システムの開発から始まり、先ず自由形状に柔軟に対応 できる加工法を試行錯誤する中で生まれた。独自の多品種少量生産システムである。

3  機械化メリット(量産効果)

「手作りから機械化へ」は時代の流れであり、使用するツールが道具からパソコン、ソフトウエア、NC工作機械に移った、と考えることができる。
この便利なツールで、手作りの限界を乗り越え機械化メリットを享受することになる。
また、均一品質のガラスピースを量産できるので、 規格に合った品質保証されたステンドグラス加工品等の新しい需要創造へ向かうことができる。

    

4  加工品質は、

       ”高品質こだわりの厳選ガラスピース


5  品質保証

前項4の加工品質は、手作業では難しい保証も、本加工法に於いて保証される。
尚、多角形化NC加工法は、個別生産・多品種少量生産システムに適している。
            「工業生産化」を参照する。 

6  新しい価値

"ガラスピースの流線形状・切断面の美しさ、及び一部ステンドグラス化によるスッキリ感"が新しい価値になる。

 当社は、この新しい価値でニーズ探し・商品づくり・ネット販売のブルーオーシャン戦略にチャレンジする。
   

ステンドグラス加工品の工業生産化(金属部品加工業と連携)で、感動商品のネット販売  
花もステンドグラスも、見ていると、癒され・感動する。感動商品カテゴリーとは

きれい、美しい、と
感じることは、
五感の本能的なもので、
癒しや感動が生れ、
心地良く、
リフレッシュして
元気になる。

いわば、 心豊かになる
心の健康サプリメントです。

接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
加工面が映すシルエット、
スッキリ感、クリア感が
魅力で、

自社特許を組込んだ
ステンドグラス専用
CAD・CAMと透明接着で
生産する限定商品です。

接着ステンドグラス 大賀蓮

加工工程(オンリーワン技術)の概要は、
CADでデザイン図をトレースして型紙を作り、CAMでNCプログラムを生成し、NC加工でステンドグラス・ピースを製作し、 接着して製品を作るシステムです。
このためステンドグラス専用CAD・CAMソフトウエアを自社開発し、独自の多品種少量生産システムも開発した。
金属部品加工業のNC加工をモデルにした生産方法で、
@ガラスピースも金属部品も、同じ設備で生産できる手軽な多品種少量生産方法。
A手作りに代わり工業生産化で機械化メリットが生まれる。

半田付けによる手作り品の魅力は、”加工面を覆う美しさ"にあるが、 半田付けが輪郭を区分ける美しさと同時に手作り品質の加工面の粗さを隠す役割も兼ねている。
これに比べ、接着で"加工面が見える美しさ"の当社は、 パソコンやNC機械を活用した工業生産化で、高品質のガラスピースの多品種少量生産になる。 この加工法で生まれた新しい価値で、
潜在ニーズを発掘する。
前者を"作家の手作りによる一品仕様の芸術品"志向とすると、当社は"嗜好品的な工芸品で多品種少量生産の限定品"志向と棲み分ける。

© haro-glass 無断転用はお断り致します。