多角形化CAMは硬脆性材に適したNC加工法
半自動化で短時間・簡単操作でNCプログラム作成

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

トップガラス板加工NC加工法>多角形化CAM 特徴

切断方法説明図。他

 多角形化CAM 特 徴 


多角形化CAMは、多角形化シュミレーションで最適な多角形状を決定し、ガラスピースの加工軌跡データを作成する。
加工軌跡データから、切断用NCプログラムを生成し、さらに研削用NCプログラムを生成する。
本多角形化CAMは、硬脆性材料板に適した加工法です。


<機能概要>
多角形化シュミレーションは形状データを入力して下記の処理で多角形状を確定し、加工軌跡データを出力する。
ピースが線分・凸円弧・凹円弧又はこれらの任意の組み合わせからなる全体形状が、所定形状のピースの多角形を求めるにあったては、
1  ピースの図形要素のうち線分は線分に置き換える。
2  ピースの凸円弧は、当該凸円弧をN等分し、それぞれの中点の接線を結んでできる線分に置き換える。
3  ピースの凹円弧は、当該凹円弧をN’等分してできるN'本の弦を当該凹円弧の中心を相似の中心として移動した場合に 当該各弦の不完全切断線の先端が当該要求片の内部から出て当該凹円弧に合致する位置の当該各弦に置き換える。
NおよびN'は、上記置き換えによって求められた多角形の最大研削代が設定限界未満となる ようなもののうち最小の整数値となるように求める。
不完全切断線の定義は、「特許明細書」に記述してある。
次に、加工軌跡データから、多角形状を構成する全ての線分を切断するため、切断用NCプログラムを生成する。
ついで、ピースの所定形状に研削加工するための研削用NCプログラムを生成する。(特許明細書から)

<特 徴>
1  本多角形化アルゴリズムの加工は、特許であり
   当社独自の加工法(多角形化NC加工法)です。
2  これ等の処理は、半自動化され短時間・簡単操作です。
3  硬脆性材料板(ガラス板等)に適したCAMシステムです。       


     <多角形化CAM 処理概要>

1. 多角形化シュミレーション(半自動化)
ガラスピースの形状データから、最適な多角形状を決定し、加工軌跡データを出力する。

2. NCプログラム作成(半自動化)
加工軌跡データから、切断及び研削加工用NCプログラムを生成する。

3. カッターパス描画(半自動化)
作成されたNCプログラムを、加工前に視覚でツールパスをチェックする。
管理資料を作成する。

切断・研削図。例えば、”H”  
花もステンドグラスも、見ていると、癒され・感動する。感動商品カテゴリーとは

きれい、美しい、と
感じることは、
五感の本能的なもので、
癒しや感動が生れ、
心地良く、
リフレッシュして
元気になる。

いわば、 心豊かになる
心の健康サプリメントです。

接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
加工面が映すシルエット、
スッキリ感、クリア感が
魅力で、

自社特許を組込んだ
ステンドグラス専用
CAD・CAMと透明接着で
生産する限定商品です。

接着ステンドグラス 大賀蓮

加工工程(オンリーワン技術)の概要は、
CADでデザイン図をトレースして型紙を作り、CAMでNCプログラムを生成し、NC加工でステンドグラス・ピースを製作し、 接着して製品を作るシステムです。
このためステンドグラス専用CAD・CAMソフトウエアを自社開発し、独自の多品種少量生産システムも開発した。
金属部品加工業のNC加工をモデルにした生産方法で、
@ガラスピースも金属部品も、同じ設備で生産できる手軽な多品種少量生産方法。
A手作りに代わり工業生産化で機械化メリットが生まれる。

半田付けによる手作り品の魅力は、”加工面を覆う美しさ"にあるが、 半田付けが輪郭を区分ける美しさと同時に手作り品質の加工面の粗さを隠す役割も兼ねている。
これに比べ、接着で"加工面が見える美しさ"の当社は、 パソコンやNC機械を活用した工業生産化で、高品質のガラスピースの多品種少量生産になる。 この加工法で生まれた新しい価値で、
潜在ニーズを発掘する。
前者を"作家の手作りによる一品仕様の芸術品"志向とすると、当社は"嗜好品的な工芸品で多品種少量生産の限定品"志向と棲み分ける。

© haro-glass 無断転用はお断り致します。