シルエットの美しいステンドグラス加工品は
半田付けしないで、接着で、ガラス側面の美しさが見える。

ハローグラス
ガラス工芸・ステンドグラス

トップ加工・製品サンプル>シルエットの魅力

半田付けしないで、接着で、ステンドグラス・ピースのガラス側面(加工面)が映し出す美しいシルエットの見える商品作り。

 シルエットの美しさ(接着ステンドグラス) 



流線形状・加工面(切断面)の美しいガラスピースを用いて、
半田付けに代わり接着することで、加工面の見える美しさが、特色です。
これにより、加工面のエッジが放つ多彩なシルエットの美しさ、
また、時々刻々と変化するシルエットは、とても魅力的です。

『再会の喜び』の接着ステンドグラスの一部。美しいシルエットが見える魅力・・・
シンプルでスッキリ感・クリア感のするステンドグラスの魅力は、商品の持つ感動力です。
この感動力で、お客様は癒され感動し心健やかになり心地良さを感じます。
この源泉になる商品コンセプト(癒しや感動)は、美しさが基準で、 感動要素(鮮やか、輝き、彩り、デザイン、形、色、シルエット)が放つスッキリ感・クリア感等にあります。

『再会の喜び』の色違いの接着ステンドグラスの一部。美しいシルエットが見える魅力以外にも、均一品質の量産効果もセールスポイントの一つ
『再会の喜び』の接着ステンドグラスの一部。ガラス側面が映し出す美しいシルエットの見える魅力・・・。どんな形でも滑らか仕上げで機械部品並みの精度の高品質のガラスピースで組立てた。  
花もステンドグラスも、見ていると、癒され・感動する。感動商品カテゴリーとは

きれい、美しい、と
感じることは、
五感の本能的なもので、
癒しや感動が生れ、
心地良く、
リフレッシュして
元気になる。

いわば、 心豊かになる
心の健康サプリメントです。

接着ステンドグラスは、
鮮やか、輝き、彩り、
加工面が映すシルエット、
スッキリ感、クリア感が
魅力で、

自社特許を組込んだ
ステンドグラス専用
CAD・CAMと透明接着で
生産する限定商品です。

現在の日本市場では、ちょっとだけ贅沢な商品も売れつつあるようです。 ただ、デフレ時の購買経験からか、値段に対する品質(素材、デザイン)にはユーザーの目は非常に肥えている。 まして、嗜好品的な商品においては、的確なマーケティング力とデザインが購買動向を一番左右してくる。
ただ、追い風になる要因として、素材感を活かしている商品に注目が集まっているというトレンドがでてきている。
アップル社のプロダクト(アルミ削出素材、ガラス素材)。能作(錫製鋳物)。中川政七商店(麻)等々。
ヨーロッパ由来のステンドグラスにもそんな素材力が秘められている。

そんな素材力を活かせるマーケットを探して、アンティークだけでないモダンなデザインを 訴求していくべきだろう。
(デザイナーから頂いた助言)

花をテーマにした
図案や模様の接着ステンドグラス加工品の商品化にチャレンジする会社です。
例えば、身近な壁紙や洋服・着物を始めとし、POP、イラスト、ポスター、絵画等に観られるような洗練された モダンなデザインの図案・模様の商品化(ステンドグラス加工品)です。

こだわりは、滑らかな曲線で、加工面の美しさが見える スッキリ感・クリア感のする商品(ステンドグラス加工品)を透明接着で創作することです。

半田付けによる手作り品の
魅力は、
"加工面を覆う美しさ"にあるが、 半田付けが輪郭を区分ける美しさと同時に手作り品質の加工面の粗さを隠す役割も兼ねている。
これに比べ、接着で"加工面が見える美しさ"の当社は、 パソコンやNC機械を活用した工業生産化で、高品質のガラスピースの多品種少量生産になる。 この加工法で生まれた新しい価値で、
潜在ニーズを発掘する。
前者を"作家の手作りによる一品仕様の芸術品"志向とすると、当社は"嗜好品的な工芸品で多品種少量生産の限定品"志向と棲み分ける。

© haro-glass 無断転用はお断り致します。