接着ステンドグラスのハローグラスあおい
ステンドグラス(NC)加工品の製造・販売

ハローグラス&あおい
ステンドグラス加工品

 平成28年10月1日(土)更新   (※互換モードで閲覧願います※)

花やステンドグラスは、見ていると、癒され感動する。いわば、心豊かになる心の健康サプリメントです。そして、この役割を担うのが、私達(ハローグラス&あおい)が提供するオリジナル商品のミッションです。) < ハローグラス&あおいのミッション >

事業の成り立ちを花に例えて説明すると、
花の美しさは、花・枝葉や茎・根の三つの部分から成り立つ。
ガラス側面の美しさが見えるステンドグラス商品を、花に、
高品質のガラスピースや組立て技法を、枝葉や茎に、
ガラスピースのNC加工法のオンリーワン技術を、見えない根に例え、全体を支える大事な技術を位置付けている。
顧客には、これ等の花全体のセールスポイント
顧客満足度を高めると共に、
茎や根がしっかり支えていることを伝えて信頼を得たい。    

花やステンドグラスは、見ていると癒され感動が生れ
心地良く、やがて、リフレッシュして、元気になる。
これは、五感の一つ視覚(美意識)による本能的なもので、 誰もが経験する。
なので私達は、花やステンドグラスを飾るおもてなで、皆さんに喜んでもらうことを知っている。
それは、花やステンドグラスを飾って空間を演出する
おもてなしで、癒し感動サービスする方法です。
その場の雰囲気を和ませ、安らぎを与え、やがてリラックスし元気になる演出や仕組みのことです。

私達は、略して”美のおもてなし”とも、
”美的感動空間の演出”とも言っています。

私達は、この演出や仕組みを、『心の健康サプリメント』と捉え、”癒し感動サービス”に活用します。
オリジナル商品のコンセプトである癒しや感動も、
この演出や仕組みの癒しや感動のことです。

つまり、
私達のオリジナル商品が、
『心の健康サプリメント』であり、
癒しや感動を提供する演出や仕組み、であり、
これが、
『私達のビジネスモデル』、と言うことです。

しかし、私達が目指すオリジナル商品を構成する
『高品質の自由形状・ガラス・ピース(部品)』は、
手作りでは難しく、
  この問題解決の一つの方法が、
  私達のオンリーワン技術(特許CAD・CAM)で、
  金属部品加工業でもできる手軽なNC加工法です。

この加工法から生れた新しい価値、
接着で美しいガラス側面が見えるステンドグラス商品は、
こだわりでもあり、セールスポイントでもあります。
@スッキリ感、クリア感、多彩な彩りシルエットの魅力
A一部ステンドグラス化(額縁、目隠し、ワンポイント)
B繰返し模様、対称模様等のガラスピースの量産効果

また、デザインは、花をテーマにした図案や模様。
例えば、身近な壁紙や洋服・着物を始めとし、POP、イラスト、ポスター、絵画等に観られるような洗練された
モダンなデザインの図案や模様から始めたい。

これ等のことをモノづくりの視点から言い変えると
西洋文化が育んだステンドグラス板を素材とする商品は、
時代を超えた人気がありマーケットも存在し続けている。
ただ、商品の種類が広がらず、アンティークな商品ばかりが目に付く。
その原因の一つとして、加工技術が難しく素材を活かしきれない現実があった。
金属や木材のように既存技術で加工できれば、多様な用途が花拓き、商品の幅も広がったに違いない。
私の開発したオンリーワン技術は、ここに小さな風穴を開けた、と自負している。⇒
新しい価値『ガラス側面の美しさが見える』が生れ、『透明接着によるステンドグラス加工品』が誕生した。
また、接着で"ガラス側面の美しさが見える"は、
パソコンやNC工作機械を活用した工業生産化で、高品質のガラスピースの多品種少量生産になる。
この加工法で生まれた新しい価値で、潜在ニーズを発掘しながら顧客を創造してゆくことになる。
なので私達は、お客様と共に考えながら商品開発する
顧客参加型の製造・販売を目指している。

花もステンドグラスも、見ていると、癒され・感動する。感動商品カテゴリーとは

きれい、美しい、と
感じることは、
五感の本能的なもので、
癒しや感動が生れ、
心地良く リフレッシュして
元気になる。

いわば、 心豊かになる
心の健康サプリメントです。

接着ステンドグラス 大賀蓮、蓮の花

ステンドグラス加工品
加工工程(オンリーワン技術)の概要。
CADでデザイン図をトレースして型紙を作り、CAMでNCプログラムを生成し、NC加工でステンドグラス・ピースを生産し、 接着して製品を組立てるシステムです。
このためステンドグラス専用CAD・CAMソフトウエアを自社開発し、独自の多品種少量生産システムも開発した。
金属部品加工業のNC加工をモデルにした生産方法で、
@ガラスピースも金属部品も、同じ設備で生産できる手軽な多品種少量生産方法。
A手作りに代わり工業生産化で機械化メリットが生まれる。

 
© haro-glass 無断転用はお断り致します。